英語を話せるようになりたい社会人向けの勉強法【外資系社員直伝】

 

社会人の方でも、英語は努力すれば話せるようになります。
僕の部下も、社会人になってから英会話の勉強を始めました。
挨拶しかできないレベルでしたが、今ではそれなりに話せるようになっています。

 

大事なことは、勉強方法です。

 

何でもそうですけど、勉強方法は重要です。
間違った方法で取り組むと、挫折したり時間を要することになります。
実際、僕の周りでも英会話学習を頓挫した友人が割といます。

 

この記事では、英語を話せるようになりたい社会人向けの勉強法を丁寧に解説していきます。
是非参考にして頂き、英会話学習に役立てて頂ければ幸いです。

 

社会人が英会話の勉強を始める上でのポイント

 

最初に、英会話を勉強する上でのポイントをご紹介します。
社会人の方に限らず、以下の点を意識して勉強をすることが大切だと思います。
順番にご紹介していきますね。

続けること

 

まず、決意した以上は英会話の勉強を続けることが大切です。

 

英会話は、第二言語です。
日本語とは違い、習得するのには一定の期間が必要です。
短時間で、劇的に向上することは有り得ないと言って良いです。

 

読者の方も、それなりに優しい英語の文章なら意味が理解できると思います。
ですが、子供の頃は全く理解できなかったはずです。
意味が理解できるのは、義務教育の中でコツコツ英語を読む勉強をしてきたからです。

 

英会話の場合も同じです。
勉強していけば、徐々に話せるようになっていきます。
ですから、焦らずに続けることを意識して下さい。

 

音読などを取り入れること

 

そして、音読などの英会話メソッドを積極的に取り入れるべきです。

 

アスリートの練習方法も、昔と違って進化をしています。
練習効果の高いトレーニング方法が登場し、導入している方がいます。

 

英会話学習でも、学習効率の高いメソッドが登場しています。
それが音読やディクテーションです。
これらを積極的に取り入れる方が、成長が早いのでオススメです。

 

目的やレベルを合わせること

 

最後になりますが、各自の学習目的やレベルに合わせるようにして下さい。

 

まず目的ですが、各自学ぶ理由があると思います。
旅行の為の日常会話もあれば、仕事で使うためのビジネス英会話もあると思います。

 

当然ですが、両者の場合にはやるべき内容が異なってきます。
というのも、ビジネスにはビジネスに相応しい表現というのがあるからです。

 

仕事において、普段と同じ言葉遣いをするでしょうか。
当然ですが、敬語等を使いながら相手と会話をするはずです。
普段と同じ感覚で、フランクに話しかけることなんてないですよね(笑)

 

英会話も同じで、ビジネスシーンに相応しい表現というのがあります。
ですから、目的に合った英会話を学ぶ方が良いです。

ページの先頭へ戻る